【令和元年5月】神社の御朱印第1弾「橿原神宮」御朱印帳を購入!

御朱印

初の神社の御朱印として,橿原神宮に行きました。

日本の紀元の地として神聖な場所で趣がありました。

購入した御朱印帳、貰った御朱印などをご紹介します!

 

スポンサーリンク

令和になったので御朱印を始める

令和元年5月,つまり元号が変わりたての時期に,神社の御朱印を始めることを決意しました。

せっかく,初めての御朱印ですし,元号も変わったばかりということで,日本の紀元の地「橿原神宮」を御朱印始めの地とすることにします。

 

日本のはじまりの地「橿原神宮」へ

橿原神宮は,日本の初代天皇である神武天皇と皇后を祀っています。

神武天皇は,熊野に降り立ち,その後八咫烏(やたがらす)に導かれて,橿原にたどり着き,橿原を都として日本を建国されたとされています。

そのため,八咫烏のお守りなども多数あります。

f:id:shunbee:20191001115157j:plain

 

アクセス

駅から近いということもあり,電車のアクセスが一般的だと思います。

橿原神宮前駅

橿原神宮前駅から徒歩10分ほどです。

f:id:shunbee:20191001113935j:image

橿原神宮前駅は,乗り換えの多い駅です。

駅前には特に目立つ物はありません。

橿原神宮までの道には,和菓子屋さんが数軒ありました。
f:id:shunbee:20191001114003j:image

駅前ロータリーには,幸せの黄色いポストがあります。

分かりやすい場所にあるので,簡単に見つけられます。

駐車場

駐車場は,参道の脇にあります。

一般車は500円です!

 

紀元2679年

橿原神宮は,神武天皇が橿原を都として日本建国した時を紀元として年数を計算しています。

f:id:shunbee:20191001114023j:image

境内

門の先はとてつもなく広く,別格であることが窺い知れます。

f:id:shunbee:20191001114650j:plain

非常に大きな本殿です。

ここまで大きな屋根はなかなかないと思います。

朱色の柱と,深い緑の屋根は神聖さを感じます。

f:id:shunbee:20191001114511j:plain

御祭神が神武天皇・皇后であることが書いてあります。

f:id:shunbee:20191001114441j:plain

本殿の前には,君が代に登場する「さざれ石」があります。

さざれ石は個体名ではないので,ここ以外にもあります。

f:id:shunbee:20191001115214j:plain

御朱印を頂ける場所

ピンを立てている場所です。

メインの南神門から入ってすぐ左の建物の奥で貰えます。

 

御朱印帳

お守りを売っている社務所で販売がありました。

表には置いておらず,言ったら見せてくれました。

記念の限定版の物はもうなかったようです。

f:id:shunbee:20191001174157j:image

シンプルです。並の神社じゃない感じがして気に入っています。

 

御朱印

f:id:shunbee:20191001174212j:image

こちらもシンプルです。

時代にも流されず,変化しない良さがありそうです。

令和の御朱印を頂くことができました。

まとめ

広大な土地と,神聖な大きな社殿に感服しました。

神話を少し読んで来ただけでも,見える景色が全然違うように感じたので,さらに理解した上で巡って行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました