古宇利島の第2トケイ浜(ピース浜)でシュノーケリング!干潮時はプールのようで安全!

シュノーケリング

古宇利オーシャンタワーや、ハート岩で、沖縄のお洒落スポットとして有名な古宇利島ですが、島の一番奥地にはサンゴ礁が広がるビーチがあります。

スポンサーリンク

トケイ浜・ピース浜

一番にあるのがトケイ浜で、大きな岩を挟んで一つ右にあるのがピース浜(第2トケイ浜)と呼ばれています。

さらに奥に第3,4トケイ浜にあたるビーチが続いています。

奥に行くほど人が少なくなり、第3以降は道から直接アクセスできないのでプライベートビーチになるそうです!

行き方

古宇利大橋を渡り、古宇利島に着くと道は次第に左にカーブして、島の西側をぐるっと回ります。
この道をずっと行くだけです。

島の北側まで来ると、ハート岩の駐車場がたくさん現れます。
ハート岩の駐車場と同じ交差点で左折します

その細い道を行くと、到着です。

駐車場

トケイ浜の道の脇に8台ほど停められるスペースがあります。

行った日は海が荒れていたせいもあって、私達以外誰もいませんでした!

無料駐車場があるので便利!

ビーチ

こちらはトケイ浜

トケイ浜とピース浜(第2トケイ浜)は、岩を挟んでいるだけなので、どちらにしようかと選べる感じです。

f:id:shuntarokun:20190730230035j:plain

ピース浜(第2トケイ浜)に入ってみました。

こんなに人が居ないものかと驚きました。

f:id:shuntarokun:20190730230106j:plain
ずーっと浅いリーフが続いています。

干潮時なので、浅すぎます。

外から見ただけでもリーフの綺麗さが分かります!

シュノーケリング

干潮時のリーフ内は浅すぎて、大人が泳ぐのはギリギリで、フィンなんて絶対に付けられません(笑)

フィンがないから足では進まない、でも手で水をかくと、サンゴが多いので危険!

どうしようもないので歩きながらシュノーケリング(笑)

f:id:shuntarokun:20190730230139j:plain

ビーチのすぐ近くですが、ルリスズメダイくらいならいっぱいいます。

期待してなかったのですが、本島とは思えない透明度なんです!

f:id:shuntarokun:20190730230212j:plain

サンゴも結構あります!

白化している部分もありますが、本島の浅いリーフ内にこんなに生きたサンゴがあることがすごいです!

f:id:shuntarokun:20190730230229j:plain

にしても、浅い(笑)

水深30~50センチくらいしかないのでサンゴも魚も小さくて可愛いものが中心です!

大人は干潮時は避けるべきでしょう!

f:id:shuntarokun:20190730230326j:plain

サンゴの中にハゼなんかもいます!

磯遊びみたいです!

f:id:shuntarokun:20190730230352j:plain

岩の中に顔を突っ込んでるハリセンボンを発見(笑)

寝てるのかな~

可愛い顔が見れませんでした。

沖縄ではハリセンボンを食べますが、私は食べたくないかな(笑)

沖縄本島はハリセンボンが多いです。
ゴリラチョップでも見ましたし、瀬底ビーチには大量にいました!

まとめ

沖縄本島(古宇利島)の浅いリーフでこんなにサンゴが見られるとは思いませんでした!
初心者や子供連れの方には、本島で一番のおすすめスポットです!!

↓必要な道具はこちら!

沖縄本島のシュノーケリングスポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました