【石垣島】米原ビーチでシュノーケリング!無料駐車場に停める方法も紹介します!シャワーや更衣室も完備!

シュノーケリング(八重山諸島)

石垣島・米原ビーチでシュノーケリングをしてきました!

米原ビーチのシュノーケリングの様子を写真でお見せします。

また,実際に停めた無料駐車場の場所やシャワー・更衣室の情報をお伝えします。

 

スポンサーリンク

石垣島のシュノーケリングスポット

石垣島は,沖縄本島から南東に300km以上離れた南国の島です。

そんな石垣島に来たらやはりシュノーケリングは欠かせません

しかし,石垣島には案外シュノーケリングスポットが少なく,個人で行ける綺麗な場所は,この米原ビーチと白保海岸くらいでしょうか。

特に米原ビーチは,綺麗なリーフを持ち,人気のあるスポットです!

 

米原ビーチ(米原海岸)

米原ビーチは,石垣島の北部にあり,石垣空港や市街地からは車で20~30分くらいの場所です。

広いリーフにはサンゴ礁や魚が豊富です。

石垣島でシュノーケリングをするなら,米原ビーチは必須です!

また,沖にはWリーフと呼ばれるスポットがありますが,こちらは1km以上離れており,外洋を通るので,ツアーで行くことになります。

 

アクセス

石垣島の北部にあります。

石垣空港からは車で20分中心市街地からは30分です。

周辺の観光地としては,川平湾が車で10分程の場所にあります。

 

駐車場(無料と有料がある)

黄色のP無料で停められる場所です。

赤のP有料です。

まず,上の黄色Pはキャンプ場です。

 

キャンプ場の駐車場(無料)

上の黄色Pの周辺はキャンプ場で,林になっています。

トイレ前や広場など多少停められる場所があります。

ただし,駐車場にはなっていないので,泳ぐ間停めていられるのはトイレ前くらいだと思います。

3~4台ほどです。

 

正規の駐車場(無料)(おすすめ)

マップでは左下の黄色Pが無料です。

5台ほど停められ,目の前にシャワー・更衣室があります。

ビーチにも近く,空いていれば是非停めたい場所です。

 

左下赤Pの駐車場(有料)

先程の無料に停められない場合,ここに停めるしかないです。

場所はとても良いので,多少の駐車場代は仕方ないと思います!

左下の黄色Pを目指して、満車なら隣の有料に停めるのがベストです

 

シャワー・トイレ・更衣室

左下の青い家マークの所にシャワー・トイレ・更衣室があります!

シャワーや更衣室も新しく,綺麗で,快適でした!

コイン式で,小銭がないときは,駐車場の自動販売機で崩すしかなさそうです。

ちなみにキャンプ場にもトイレがありますが,シャワー・更衣室はなかったです。

 

シュノーケル等レンタル

ビーチにはレンタル業者はいません。

キャンプ場周辺にある「ジェリーフィッシュ」というお店がレンタルをやっています。

 

危険?離岸流に注意

米原ビーチは離岸流が発生すると有名です。

特に沖に向かって右側のキャンプ場付近の沖に発生するそうです。

沖に行かなければ問題はありませんが,注意しましょう。

 

シュノーケリング(濁り)

初めに。

私が行ったときは,大雨の後で,非常に濁っていました。

本来はもっと綺麗だと思います。

なので,こんな汚い日もあるのか~と思って見て下さい。

まず,入水すると,前があまり見えません

沖縄にしては海藻が多いな~と感じます。

リーフ内をうろうろするものの,これと言った見どころはありませんでした(笑)

濁っていたので,あまり沖に行けていなかったかもしれません。

また,干潮になると,泳ぐ深さがありません。

非常に泳ぎにくいので,干潮時は注意です。

砂地でハゼとエビの共生が見られました

丸の中,右側にハゼ,左の青いのがエビです。

近づきすぎると逃げてしまうので,うまく撮れませんでした。

ハゼとエビの共生についてはご存知でしょうか?
ハゼとエビの2匹で巣穴を共有します。
穴掘りが得意なエビは穴を掘ったり,巣穴の手入れをします。
対して,ハゼは巣穴の外で見張りをします。
ハゼの身体の一部にエビの触覚が触れるようにしていて,危険を感知できるようにしているそうです。
危険を察知すると,2匹とも巣穴に入ってしまいます。

 

浅瀬にカクレクマノミがいる

ビーチの中央あたりからエントリーしてすぐの場所にニモで知られるカクレクマノミがいます。

干潮時の深さはなんと40cmほどしかありません

保護されているようで,プレートが付いていました。

3匹の家族で,人間によく慣れています。

非常に鮮やかで綺麗な色をしています!

あまり近づくと刺激してしまうことになるので,ある程度距離を置きましょう。

浅いですし,ビーチからも近いので,シュノーケリング初心者でも簡単に見られて素晴らしいポイントだと思います。

こんな簡単にカクレクマノミが見られる場所は貴重!!

 

まとめ

残念ながら私は,綺麗な米原ビーチが見られませんでした。

しかし,カクレクマノミを浅瀬でじっくりと観察出来ました!

通常であれば,綺麗なサンゴ礁も見られるはずです!

シュノーケリング関係の記事

【実際に泳いだ】沖縄シュノーケリングスポットランキング23選!沖縄本島・慶良間・宮古島・八重山(石垣)まとめ
私が沖縄でシュノーケリングしたポイントを100点満点で評価して、ランキング形式で紹介します!本島、慶良間、宮古、八重山に分けています!個々のページでは詳細も見られます!

まずはシュノーケリンググッズを用意しましょう!

シュノーケリングに必要なおすすめの道具、服装20選【大人用・子供用】
シュノーケリングをする際に必要な道具・服装を紹介します!初心者向けから中上級者向けまで,安い物から高い物まで。実際に私が使ってみておすすめできる道具や欲しい道具ばかりです。

同じ八重山諸島でシュノーケリングといえばニシハマビーチ(波照間島)

波照間島「ニシ浜ビーチ」でシュノーケリング!ウミガメに出会ったポイントを紹介!
ニシ浜でシュノーケリングをしてきました!ニシ浜は非常に透明度が高く,ウミガメにも出会うことができます。ニシ浜への行き方,シャワー,駐輪場,ビーチの様子,シュノーケリングを写真付きで紹介します!

シュノーケリングであれば宮古島や慶良間諸島の方が見応えがあります

宮古島でのシュノーケリングでウミガメを見るならシギラビーチがおすすめ!子供でも安全!駐車場も無料!
宮古島では ツアーに参加しなくてもウミガメを見ることができます! シギラビーチはリーフ内にありながらウミガメが見やすいスポットです! アクセス シギラビーチは宮古島南部にあり,ブリーズベイマリーナ等を運営し...
【感動】阿嘉島の穴場、ヒズシビーチでシュノーケリング!行き方とサンゴの多いポイントを紹介!
阿嘉島といえば、ニシバマビーチですが、ニシバマビーチに勝る穴場ビーチがヒズシビーチです!行き方が難しいですが、乗り越えた先には素晴らしいサンゴとクマノミ達がいますので是非行ってみて欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました