真栄田岬にある【真栄田そば】で昼食!(沖縄県恩納村)

沖縄そば(本島・慶良間)

那覇市から恩納村方面に来ると,次第に沖縄そば屋が減っていき,恩納村に入ると,ポツポツとしか無くなります。

そんな恩納村の中でも,観光名所である真栄田岬の中にある便利なそば屋さんをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

真栄田そば

概要

真栄田そばは,その名の通り真栄田岬にあります。

真栄田岬は,有名な景勝地であり,またシュノーケリング,ダイビングの名所でもあります!

そのため,真栄田岬を訪れる機会は多いと思います。

しかし,周辺はサトウキビ畑か,ダイビングショップしかないので,真栄田そばは貴重な存在と言えます。

真栄田岬のシュノーケリングについてはこちらをご覧下さい!

【個人なら無料】真栄田岬・青の洞窟でシュノーケリング!シャワーや更衣室,コインロッカーも紹介!
沖縄県恩納村,真栄田岬の青の洞窟でツアーなしで個人でシュノーケリングしてきました。青の洞窟までの海の様子,シャワー,更衣室,コインロッカーを写真付きで紹介しています。

営業時間

11:30~15:30

アクセス

真栄田岬の施設内にあります。

カーナビには「真栄田岬」と入力すればOKです。

那覇市中心部から車だと,

高速道路利用で約50分

一般道利用で約65分です。

最寄りICは石川ICです!

一般道は国道の割に,信号のタイミングが思っているほど良くないです。

 

駐車場

真栄田岬の駐車場を利用します。

1時間100円です。

広いですが、夏場はシュノーケリング客が多いので混雑します。

30分くらい待ったことがあります。

店内

こちらが入り口です。

真栄田岬の中央にある建物内にあります。

このような白いテーブルが多数あります。

フードコートのような雰囲気です。

真栄田そばは、真栄田岬の施設内にあるため、ダイビングやシュノーケリングの用品を扱うショップやパーラーなどと同居しています。

また観光地でもあるので、アジア系の外国人が多いです。

メニュー

テーブルにもメニューは置いてありますが、お店に行って直接注文します。

真栄田そば(750円)

軟骨ソーキそば(700円)

沖縄そば(650円)など。

青の洞窟そば(850円)というスープが青いふざけたそばもあります(笑)

青い宝石アイス(400円)が外国人に人気みたいで,よく売れていました!

沖縄そば

真栄田そば

真栄田そばは,三枚肉,アーサー(いわゆるアオサ),ゆし豆腐が乗っています。

コショウがかかっているのが珍しい点です。

スープは,カツオ・豚骨ともに弱めで,薄味です。

コショウの影響もあって,ラーメン感が出ています(個人の感想です)。

肉の脂がダシに染み出すということもなく,乗っているだけ(個人の感想です)。

ファストフードとして食べる沖縄そばかなといった感想です!(個人の感想です)

沖縄そば

沖縄そばは,三枚肉とかまぼこのシンプルなおそばです。

味としては,真栄田そばと同じです!

量は,一般的な一人前の量です。

まとめ

シュノーケリングやダイビングをしてお腹がすいた時には有り難い存在です!

本格的な沖縄そばというよりは,ファストフード感覚で気軽に食べられるそばだと思います!

周辺の沖縄そば

恩納村で美味しい沖縄そばのお店といえばこちら!

沖縄・恩納村の有名店【恩納そば】夜ご飯にもおすすめ!
沖縄本島・恩納村にある恩納そばは人気があり,夜も営業しているので,ディナー時間にも使える数少ない沖縄そば屋さんです。駐車場や店内,メニュー,沖縄そばの感想をお伝えします。

那覇から一般道で来る道中にある名店です!

人気の「沖縄そば・てびち専門店 浜屋」で浜屋そばを食べる!駐車場が…
浜屋は沖縄本島北谷町のアメリカンビレッジの近くにある人気の沖縄そば屋さんです。駐車場事情や店内の様子、名物の浜屋そばについてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました