【波照間島で日帰り観光2】自転車で最南端の碑、カフェ「みんぴか」、ニシ浜,ランチ「あやふふぁみ」を巡る!

石垣島

一般人が行ける日本最南端の島,波照間島での観光の様子をお伝えします!

行き方アクセスについてはこちらの記事をご覧下さい。

スポンサーリンク

レンタサイクルで観光

港の近くの西浜荘でレンタサイクルをするのがおすすめだとお伝えしました!

レンタサイクルを借りて、まず最南端の碑を目指します!

最南端の碑へ

波照間島は民間人が上陸できる最南端の島で、波照間島の南端には日本最南端の碑があります!

これは是非行ってみたいので、向かいます。

最短ルートは、集落を通って、真っ直ぐ南に向かう道で、このルートで行きました。

しかし!
斜めに突っ切る最短ルートは起伏が激しく、おすすめできません。

の起伏を考えて迂回したルートがおすすめです!

最南端の碑に到着

最南端の碑は、天文台の近くにあります。

最南端の碑は、竹富町が作った立派なもの個人が作った簡単なもの2つがあります。

個人が作った碑が先に出来たそうです。

こちらが竹富町が設置したもの。

波照間島は竹富町に属します。

竹富町の町役場は石垣市にあります。

この裏に個人設置の碑があります。

最南端の碑の周りには石を敷き詰めた通路があり、全都道府県の石が埋められていました。

最南端の碑で撮る写真はすごい記念になりました!

カフェ(パーラーみんぴか)

続いてランチのため集落方向に戻ります。

あやふふぁみでランチしようと思ったのですが、まだ早かったので、近くのお洒落なカフェで涼むことにします!


パーラーみんぴかは、お洒落なカフェで、庭に席があり、遠くにニシ浜ビーチの青い海が見えます

バス停風の看板もお洒落で可愛いです!

かき氷やドリンク等軽いものがメインです。

窓口で注文します。

食べるのは全員,外のテーブル席です。

綺麗に掃除してあり,むしろ木陰で食べる雰囲気が気持ちよかったです!

席の種類も豊富で面白いです。


周りには何もなく、畑だけが広がっているので、開放的でのんびりできます!

遠くにニシ浜の青い海が見えるのがお分かり頂けますでしょうか!

ここで食べたかき氷は相当美味しかったです!!

ランチ(あやふふぁみ)

集落からは少し離れますが、有名で人気のあるお店です!

12時ごろには満席になっていました!

お店は民家風の落ち着いた雰囲気です!

そばには野菜や海藻が入り、ラーメンのようです!

ラフテーの定食は、ラフテーがめちゃめちゃ柔らかいです!

少なそうに見えますが、ラフテーの脂がそこそこ重いので、ちょうどいい量でした!

ニシ浜へ

ランチ後は、ニシ浜に向かいます。

ニシ浜についてはこちらの記事をご覧下さい。

港へ!

泳ぎ終わって、自転車でレンタサイクルを返しに行きます!

ニシ浜から港まで自転車で10分くらいで行けます!

港に近いお店なので送迎がなくても、歩いていけます!

波照間旅客ターミナル(お土産)

島の街中には、お土産を買うべき場所がありませんでした。

ターミナルには、小さなお土産屋さんがあります。

波照間島のお土産はここでしか手に入らない物もあるので、買っておきましょう!

お腹が空いた場合、小さなそば屋がありますが、地元感がすごかったです(笑)

ターミナルに小さいお土産屋さんがあります!
ちなみに波照間島のお土産といえば,幻の泡盛・「泡波」です!

高速船で帰る

帰りの高速船は、揺れを気にせず、前に座りましたが、余裕でした。

寝ていたせいでもありますが。

まとめ

波照間島は綺麗な波照間ブルーの海と、静かで自然が残る離島感が素晴らしい島でした!

石垣島からの離島巡りの際には、是非検討下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました