波照間島「ニシ浜ビーチ」でシュノーケリング!ウミガメに出会ったポイントを紹介!

シュノーケリング

八重山諸島の波照間島は民間人が行ける日本の領土で最南端です!

そんな波照間島には,欧米からも多数の観光客が来るほどの綺麗なビーチ「ニシ浜(ニシハマ)」があります!

こんなに綺麗と言われれば行くしかないと思い,最南端の島へ石垣島から高速船で行ってきました!

スポンサーリンク

波照間島

波照間島は,石垣島を主要な島とする八重山諸島にあります。

沖縄本島からはるか遠く離れた南国です!

冒頭で言ったとおり,波照間島は民間人が行ける日本の領土で最南端です!

石垣島からは,高速船で60分ほどです。

波照間島への行き方はこちら!

波照間島での観光はこちら!

ニシ浜

ニシ浜は,まず透明度が高く,外から見ても海の青さが段違いです!

初めてこの青さを見たときは感動します!

沖縄本島にはこんなビーチはないでしょう!

ビーチは自然のままで何もありません!飲み物を用意しておきましょう!

日陰も駐輪場脇の東屋しかありません!

ただ,パラソルとかするようなビーチではないです(笑)

行き方(自転車)

波照間島では,観光客のほとんどはレンタサイクルで移動します。

つまり出発地点は港ではなく,各レンタサイクル店なのですが,地図では便宜上,港からの経路を示しました!

青線が最短経路です。多少坂はありますが,最南端の石碑まで行く道に比べれば坂とは言いません(笑)

ほとんど車が通らないので,めちゃめちゃ走りやすいです!

緑のPマークの所が駐輪場・駐車場です!

トイレ・シャワー

前項の地図の赤いピンの所にシャワー棟があります!

駐輪場のすぐそばです!

シャワーは温水が出ますし,個室になっていて,離島とは思えない設備の良さです!

シュノーケリング

シュノーケリングするためのビーチで,みんなシュノーケルしています!

いざ海に入ると,ちょっとだけ波があります。

沖縄の海はだいだいサンゴ礁のリーフに守られているのですが,ニシ浜はサンゴが低く,リーフに囲まれてはいません。

満ち引きも大きく関係します。

そうであるからこそウミガメが入ってきてくれるのです!

サンゴは白化気味

ニシ浜は,確かに透明度が高いです!!

本島のシュノーケリングスポットとは比べ物になりません。

また,入ると,結構すぐ深くなります!

サンゴ礁の切れ目までだと深さ2~3m,サンゴ礁が途切れて砂地になる辺りで3~5mくらいでしょうか。

特に離岸流リップカレントは感じませんでした。

透明度は高いのですが,びっくりするほどサンゴが死んでいます。

サンゴに色があまりなく,岩のような色になっています。

テーブルサンゴも白化どころか死んでいます。

サンゴ礁が途切れる辺りまで来ました。

昔は相当綺麗だったんだろうなぁ・・・

魚も小物が多く,本島と大差ありません。

所々に生きているか,白化しかけのサンゴがいます。

サンゴのカラフルさだけであれば,宮古島や慶良間の方がいいです。

復活することを願っています。

ウミガメに出会う

ニシ浜の魅力はウミガメに出会えることです!!

ニシ浜に入って約15分後,ウミガメを発見しました!

場所は,「行き方(自転車)」の地図の青いピンです!

悠々と泳いでいます!

呼吸をして,ウロウロして,アマモを食べています!

適度な距離も保っていますが,全く警戒されず,よく見ることができました!

かわいい!!

触ったりしないようにしましょう!

ウミガメに出会える可能性は高いそうです!

まとめ

サンゴは元気がありませんが,透明度も高く,ウミガメもいるので是非行ってほしいです!

石垣島から1時間以内に行けるのも高ポイントです!

ウミガメが見えるビーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました