渡嘉敷島と阿嘉島・座間味島を移動できる村内航路(ケラマ航路)の「みつしま」は知っておくと便利!

慶良間諸島(渡嘉敷)

沖縄の中でも,特に海が綺麗だと有名な慶良間諸島ですが,渡嘉敷島や座間味島の間の移動手段はあまり知られていません。

今回は,慶良間諸島の島間を移動できる航路を紹介します。

スポンサーリンク

慶良間諸島について

慶良間諸島は,那覇から高速船で35分~50分で到着できるアクセスの良さでありながら,世界でも有数の海が綺麗な島々です。

現在では,飛行機での移動はできないので,船での移動がメインとなります。

ただし,那覇ー 慶良間各島への航路は夏シーズンにかけて大変人気なので,予約必須です

2か月前になったらすぐ予約しましょう!

2ヶ月前なのにフェリーざまみ、クイーンざまみのネット予約ができない?
那覇から座間味島に行く唯一の公共交通機関,フェリーざまみと高速船クイーンざまみは予約が必須です。2か月前から予約開始のはずが,ネットで予約しようとすると出来ません。備忘録として対処を紹介しておきます。

渡嘉敷島と座間味島、阿嘉島

海が綺麗な慶良間諸島のうち,この3つが有名ですが,

どれも海が綺麗で,静かな離島感の漂う素晴らしい島です。

その全部を巡ろうとすると,いちいち那覇の泊港に戻らないといけないのが通常です。

ケラマ航路「みつしま」

しかし,そんな3島を結ぶケラマ航路「みつしま」があります。

普段は,座間味島と阿嘉島を結ぶ船で,朝と夕方の2便だけ渡嘉敷島まで来てくれます。

こう見ていると,渡嘉敷村と座間味村はあまり仲良くなさそうですよね(笑)

座間味村だけ入村に環境協力税100円がかかります。

阿波連港から出ます

座間味島と阿嘉島はフェリーや高速船と同じ港から出航しますが,

渡嘉敷島は,フェリーや高速船が発着する渡嘉敷港とは別の阿波連港から出ます

阿波連港は,渡嘉敷島の中で多くの宿がある阿波連集落の外れにありますので,ご注意ください!

阿波連港のアクセス

阿波連港は阿波連の集落から約800m,徒歩で10分です!

めちゃくちゃ暑いので宿に送迎してもらうのがベストです。

シーフレンドは送迎して下さいました!

慶良間諸島・渡嘉敷島のホテル,シーフレンドに宿泊!朝食・ランチ・夕食全てここで食べました!
沖縄県沖縄本島から高速船やフェリーでアクセスすることできる慶良間諸島の渡嘉敷島。島内でも有名なホテル,シーフレンドに宿泊しました。阿波連ビーチからも近く,ダイビングやシュノーケリングの用品もレンタル可能です。食事は付属の海鮮居酒屋シーフレンドで3食取りました!みつしま乗船でも送迎してくれました。

f:id:shuntarokun:20190716135515j:image

阿波連港です。ターミナルも何もありません(笑)

見たところトイレもなかったので注意です!

ちょっと座れるスペースはありますが,いっぱいでした。

f:id:shuntarokun:20190716140356j:image

到着しようとしているのが「みつしま」です。

海が好きそうな方々が集合していてツアーみたいでした(笑)

料金

渡嘉敷島ー座間味島or阿嘉島は800円です!

一旦那覇に帰ることを思うと安くて助かります!

座間味村の環境協力税の100円込みの値段です。

予約

渡嘉敷島に寄港する便は,渡嘉敷島からの予約が一切ない場合には欠航となります。

予約は必須です。

また,船も大変小さく,20人くらいしか乗れないと思いますので,予約しないと席がないかもしれません

予約方法は電話のみです。

決済は当日船で行います。

乗った感想

港で待っていた人は観光客が20人弱。
それでも席の大半は埋まりました。

フェリーや高速船に比べると圧倒的に小さい船です。
f:id:shuntarokun:20190716140422j:image

キャリーケースを置く台もありましたのでご心配なく!

お金を徴収して出港です!

f:id:shuntarokun:20190716140530j:image

出航してすぐは右手に阿波連ビーチが見えます。

大変綺麗です!

f:id:shuntarokun:20190716140623j:image

阿波連ビーチの沖にあるハナリ島の脇を通ります。

海がまさにエメラルドグリーン!

ハナリ島については記事を書いています!

https://shuntarokun.com/entry/takashikihanare
f:id:shuntarokun:20190716140710j:image
20分弱すると阿嘉島に到着します。

阿嘉島も海が綺麗なので,多数の観光客が降りました!

f:id:shuntarokun:20190716140751j:image

阿嘉島と座間味島の間には無人島がいくつかあり,それはもう綺麗な島です!

座間味島から渡し船があるそうです。

いつか行きたいなぁ!

f:id:shuntarokun:20190716140815j:image

渡嘉敷島から約35分で座間味島に到着です。

港にはクジラのオブジェがあります。

座間味でのシュノーケリングはこちら

【絶景】古座間味ビーチでシュノーケリング!日帰りも可!行き方は路線バス!レンタルショップの送迎バスは?(座間味島)
座間味島のメインビーチである古座間味ビーチへのアクセス(路線バス・送迎)、シュノーケリングの様子、シュノーケル等のレンタルショップ、海の家「お食事パーラー憩」、シャワーをご紹介します! 座間味港でのキャリーケースを預ける場所も紹介しています。

揺れ

小さい船なので揺れが気になる方もいるかもしれません。

しかし,ずっと船は慶良間の島々に挟まれた海域を通るため,それほど揺れません!

しかも,窓がなく,外の風を浴びますし,時間も短いので大丈夫でしょう!

まとめ

ケラマ航路「みつしま」がなければ,渡嘉敷島と座間味島をそれぞれ日帰りして,那覇に泊まるなどする必要がありますが,

この航路のおかげで渡嘉敷島と座間味島を簡単に一気に制覇できます!

渡嘉敷島と座間味島のどっちかで迷っている方のプランを劇的に変えるかもしれません。

是非活用しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました