ゴリラチョップでシュノーケリング!シャワーや更衣室、水中の写真あり!

シュノーケリング(沖縄本島)

本島北部の有名なシュノーケリングスポット、ゴリラチョップでシュノーケリングしました!

シャワーなどの施設も充実していて、いいスポットだったので、紹介します!

 

 

スポンサーリンク

ゴリラチョップ(崎本部ビーチ)でシュノーケリングをしてきた!

ゴリラチョップ(崎本部ビーチ)は、沖縄本島北部、本部町の有名なシュノーケリングスポットです。

簡単にアクセスでき、駐車場もある等便利でありながら、沖縄本島の中では指折りの綺麗なサンゴが見られます。

今回は6月の9時~シュノーケリングをしてきたので、水中や駐車場、シャワー、更衣室などをご紹介します!

f:id:shuntarokun:20190621032402j:image

ゴリラチョップの意味

f:id:shuntarokun:20190621032457j:image

ゴリラチョップとは,崎本部ビーチというビーチですが,海岸線にある大きな岩がゴリアがチョップをしているように見えることからゴリラチョップと呼ばれています。

公園の駐車場・施設棟から砂浜を歩いて3分もあればゴリラチョップの岩に到着でき,さらに進んで振り返って岩を見ると,写真のようにゴリラがチョップしているように見ることが出来ます!

アクセス

ゴリラチョップは,名護市街地と本部町の中心との間にあります。

海岸線に沿って走る449号線沿いにあります。

那覇からは,高速で終点の許田ICまで行って,58号線を進みます。

名護市内を過ぎると,採石場のトラックが増えるので注意してください。

駐車場

駐車場はゴリラチョップのビーチを越えて信号を左折。

左折後すぐ左側に駐車場の入り口があります。

結構広くて,綺麗で停めやすいです。

駐車場のすぐ南にはエントリー用の階段があります。

また,東側(右の白い屋根)にはシャワー,更衣室,トイレがあります。

駐車場は広くて,満車になることはないと思われます

水中の様子

 エントリー

駐車場南の階段からエントリーするか,東側のビーチからエントリーするかの選択肢があります。

よっぽど怖いのでない限り階段からエントリーの方がいいと思います。

階段から入っても1mちょっとの深さなので大丈夫です。

ツアーなしで個人でも楽しめる

ゴリラチョップは深さや地形のダイナミックさの割に流れがほとんどなく,波も穏やかであることから,初心者にもおすすめのポイントとして有名です。

実際に泳いでも穏やかな海でした!

また,ツアーの団体が沖にいることが多いので,何かあった時に誰もいないという心配もありません。

シュノーケリングポイント

エントリーすると,航空写真の左下方向に進んで行くと綺麗になっていきます。

離島に比べれば,透明度は低いですが,進む先のサンゴ礁はしっかり見えていますし,沖縄本島のビーチにしては綺麗だと思います。

f:id:shuntarokun:20190621032543j:image

ゴリラチョップはソフトコーラルが多いポイントです。

普通の岩のようなサンゴとは違い,イソギンチャクのような柔らかいサンゴです。

カラフルな物が多いので見ごたえがあります!

f:id:shuntarokun:20190621032607j:image

もこもこしたソフトコーラルが美しく,ここまでのソフトコーラルは離島では見られません。

見られる魚は沖縄本島の他のビーチとあまり変わらず,ルリスズメダイが多く,ツノダシやチョウチョウオ,ハリセンボンがいます。

ハリセンボンが簡単に見つけられるスポットです!

f:id:shuntarokun:20190621032636j:image

沖に進むと,深さが3~5mくらいある場所もありますが,透明度はますます上がります。

f:id:shuntarokun:20190621032715j:image

ある程度沖に出ても穏やかで泳ぎやすかったです。

更衣室、シャワー、トイレ

続いて駐車場横にある施設棟を紹介します。

最近できたばかりなので,とても綺麗です。

入ってすぐ右が男,左が女と分かれ,トイレと更衣室があります。

更衣室にはシャワーが8カ所あります。

シャワー以外は無料です!!

f:id:shuntarokun:20190621032737j:image

シャワーも個室ですし,全体的に清潔感があります!

f:id:shuntarokun:20190621032753j:image

更衣室には棚もあって便利です。

アリが数匹いる棚もありましたが,ここまで掃除がなされていても南国の虫に勝てないのは仕方ありません。清潔なことには変わりありません。

というより,これが無料なんて何の文句もありません。

f:id:shuntarokun:20190621032808j:image

棚の横には洗面台があります。

シュノーケリング,ダイビングの機材を洗わないよう注意書きがされています。

機材は施設等の入り口に大きな容器に水を張ってくださっているので,そちらで洗えます。

f:id:shuntarokun:20190621032822j:image

トイレも無料の物とは思えない綺麗さ!

f:id:shuntarokun:20190621032842j:image

シャワーは良心的な100円です!

一回で4分くらい出ました。

しかし,他の人が居ないとお湯が出るまで時間がかかります。

・かなり良心的な値段!

・100円を入れた後ボタンを押さないと出ません!

・お湯が出るのに時間がかかります

土日は休みで平日のみ?

施設棟は土日は休みだという情報もありましたが,土日も開けてくれるようになったそうです。

2019年6月の日曜日に行ったところ,ちゃんと開いていました

現在は平日だけでなく,土日も使えます!

沖縄のシュノーケリングスポット

沖縄各地のシュノーケリングスポットの記事を書いていますので,そちらも参考にして下さい!

【実際に泳いだ】沖縄シュノーケリングスポットランキング23選!沖縄本島・慶良間・宮古島・八重山(石垣)まとめ
私が沖縄でシュノーケリングしたポイントを100点満点で評価して、ランキング形式で紹介します!本島、慶良間、宮古、八重山に分けています!個々のページでは詳細も見られます!
古宇利島の第2トケイ浜(ピース浜)でシュノーケリング!干潮時はプールのようで安全!駐車場は無料!
古宇利島の北側にトケイ浜,ピース浜があります。その二つは岩を挟んですぐ横にあり,駐車場も一緒です。その駐車場や行き方,ピース浜でのシュノーケリングなどを写真付きで紹介します。干潮時は外海と分離し,プールのようになるので子供でも安心のビーチです!
【個人なら無料】真栄田岬・青の洞窟でシュノーケリング!シャワーや更衣室,コインロッカーも紹介!
沖縄県恩納村,真栄田岬の青の洞窟でツアーなしで個人でシュノーケリングしてきました。青の洞窟までの海の様子,シャワー,更衣室,コインロッカーを写真付きで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました